モビットの支払い方式はリボ払いより完済を目指しやすい

モビットの支払い方法は、借入後残高スライド元利定額返済方式でリボ払いではありません。リボ払いは、あらかじめ決められた額を毎月支払っていく方法でクレジット会社が主に採用している支払い方法です。リボ払いは、月々の返済額が一定のため管理しやすいというメリットはありますが何度も繰り返し利用しているにもかかわらす、毎月しっかり明細書を見ておかなければ、いつ利用した分までの支払いが終わっているのか?など把握しきれないまま支払いを続けている、元金がなかなか減らずいつの間にか支払残高が増えている。気づいた時には想像以上に借金が膨れている、ということにもなりかねません。

これは、もちろん自己管理の問題ですから、リボ払いを否定する訳ではありません。ですが、モビットが採用している借入後残高スライド元利定額返済方式であれば、最終借入残高帯に応じて支払額が決まるので、残高を把握しやすいです。

また、最終借入後残高が10万円以下なら月4,0000円、10万円超過20万円以下なら月8,000円、20万円超過30万円以下なら月11,000円……90万円超過100万円以下なら月26,000円というように、残高が多い月は返済額も多いですが、それだけ元金に充当される金額も多いので、リボ払いに比べると完済までの道のりは早い、といえます。

モビットは利用者が返済しやすいよう月々の返済額を抑えて設定していますが、追加返済も可能なので、少しでも利息を少なくしたい、早く完済したい、という方は、追加返済も視野に入れましょう。

モビット審査|WEB完結で即日融資可能な方法はこちら